お金借りたい審査

お金を借りる際の審査方法や書類を事前に把握しておくことが、すぐにお金を借りたいときにスムーズに借入できる近道です。
MENU

お金借りたい審査

銀行でお金を借りたいときの審査基準の条件とは

銀行でお金を借りようとする際の審査基準は厳しいものであると言われていますが、実際に基準を考えてみると理屈に合うことしか提示していません。 その基準とは、一定の収入がある方、成年であり既定の年齢制限内の日本人であること、または外人なら永住許可が下りている方、以前にブラックになったことのない方、申し込みに虚偽がないなどです。 まず一定に収入がある方ですが、これは年齢制限にも通ずることです。 安定した収入があり、決められた期限内に決まった額の返済ができる能力があるかないかが最大の判断基準になります。 成人なら固定給の社員や、パート、アルバイトなどで固定した職場で働いている方や、老齢なら年金や副業で一定の収入がある方などです。 もし未成年であっても、結婚している場合は生活に責任があるものとみなされ借りることができる場合がありますが、これは一般的に消費者金融がほとんどです。 こういった金融業界には信用機関というのがあって、借用の申し込みがあった場合、その人物の返済経歴が閲覧できるようになっています。 これは主に金融機関での信用調査、すなわち審査関係に用いられます。 現在や過去に他社から融資を受けていても返済が遅延していたり、貸し倒れといった経歴があると、銀行の審査が通過しにくくなりますので注意が必要です。 お金は借りたら、返さなければなりません。 この基本ができると見込まれる方が、審査に通過しやすい人です。 普通の価値観を持った方、常識的な方なら審査が非常に難しいといったことはないでしょうが、借りる際には返済計画をしっかりしましょう。

急いでお金を借りたいときは?消費者金融の審査基準は甘いのか?

消費者金融の審査基準は、かつては甘いと言われていました。 しかし、不況が長引き貸し倒れリスクが増大したことや、多重債務者防止のため貸金業法の改正で総量規制が導入され、チェックが厳正さを増しつつあります。 総量規制では、年収の3分の1を超える新規貸し付けはできないとされています。 かつてはどんな方法であれ返せる可能性があれば貸すといったスタンスだったところ、返済能力が確実に認められる安定した継続収入が見込める人にしか貸さなくなったのです。 そのため、無収入の専業主婦や無職の人、高齢の年金生活者などは借りられなくなりました。 一方、パートやアルバイトであっても、継続的に勤めていれば借りることが可能です。 消費者金融の審査基準では、借り入れ希望額に対して年収の基準が見合っているかがまず確認されます。 つまり、総量規制を満たしているかの確認です。 総量規制は1社のみでなく、消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などを含めた貸金業者全体で判断されます。 そのため、申込書やインターネットの申込フォームには、他社の借入件数と金額の申告が求められます。 さらに信用情報登録機関への情報提供の同意が求められ、信用情報登録機関に照会して、実際の借り入れ状況のチェックがなされます。 ですから、自己申告した件数や金額と信用情報登録機関に登録された実際の状況が大きく異なると、不信感を抱かれ、審査が通りにくくなるため注意が必要です。

お金を借りたいなら、クレジットカードを利用してみよう

普段生活を行う中においては多くの商品を購入したりして対応していますが、これらの購入においてはお金を利用しています。 このお金は会社などで働いた対価として与えられる給与をもとにしている事が多くて、私たちはこの収入の範囲内でやりくりを行い対応しているのです。 多くの場合には収入の範囲内で対応出来るのですが、時には思わぬ支出が重なるなどして、次の給料日までに手持ちの現金が不足するケースも稀に発生します。 この様な場合にはキャッシングのサービス利用を行うなどして対応する事が有るのですが、これはクレジットカードに機能が付与されている場合も多いのです。 このカードは主にショッピングの際にカードを利用して決済を行い、そして翌月やボーナス月に銀行口座から利用した代金が引き落とされて支払いを行う機能を持っているのですが、併せてキャッシングの利用枠を設定しているケースが有ります。 そしてキャッシングの機能を利用する際には、提携している金融機関であるとか或いは全国各地にあるコンビニエンスストアなどのATMで引き落としを行う事が出来るのです。 この様にとても便利な機能を持っていますが、借りたお金に対しては金利が付与されまして、総返済額は金利分を上乗せしたものを支払い対応しなければなりません。 急なお金の入り用に対してはこの様なクレジットカードのキャッシング機能を利用して対応する事がお勧めでして、必要最低限の利用と早期返済が大切なポイントとなります。
このページの先頭へ